読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don Giovanni

仏壇、位牌はいるのかいらないのか。 これは、それぞれの家庭が判断することですが、私の考えを書きます。 昭和の中頃迄は、仏壇があり、先祖代々の位牌が祀られている家庭が多くありました。そもそも日本人は、横のつながり(地域、友人知人などの人脈)だ…

Arioso

お墓はいるのかいらないのか。 「私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません」という歌が流行ったことがありましたね。 さて、私は見えない世界の話をすることは基本的に好きではありませんので普段そういう話は滅多にしませんが、今迄かなり不…

Lacrimosa

葬儀はいるのかいらないのか。 島田裕巳氏の「葬式は、要らない」という書籍が出ている様に、葬儀に関する考え方は様々ありますが、実際に親や近しい人の死を経験している上に、以前葬儀の仕事にも携わっていた私の考えを書いてみます。 結論から言うと、葬…

Salut d'amour

Amebaを退会したのでブログはこちらのみとなります。 先月母が亡くなり、1月最後の記事を投稿したところで、もう次に何を投稿するのか、真っ白になりました。2011年から欠かさず記事を書き続けていた訳ですが、その時、自分のAmebaブログはこの記事で終わっ…

ミスター・ワンダフル

10月にBOOK SHORTS応募作品として書いたのは2作品。 尊敬する作家、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の設定だけ拝借して内容を大幅に変えた「ミスター・ワンダフル」と、アンデルセンの「マッチ売りの少女」を現代のシングルマザーに置き換えた「レ…

ザ・ガール・ネクスト・ドア

9月はBOOK SHORTS応募作品として3作品書いた。 「鶴の恩返し」をモチーフにした作品で、電車の中で助けた女性から恩返しされる「ザ・ガール・ネクスト・ドア」。「浦島太郎」をヒントにタイムマシンで100年後の未来に行く「ビヨンド・ザ・シー」。「か…

いつか聴いた歌

STANDARDという言葉は、ウィキペディアによると「音楽分野に限らずあらゆる分野において、広く周知された事象や標準化・規格化された事象に対して汎用される用語」と記載されている。 私はジャズやポピュラーの有名な曲、いろいろなアーチストがカヴァーして…