読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・ガール・ネクスト・ドア

 9月はBOOK SHORTS応募作品として3作品書いた。

 「鶴の恩返し」をモチーフにした作品で、電車の中で助けた女性から恩返しされる「ザ・ガール・ネクスト・ドア」。「浦島太郎」をヒントにタイムマシンで100年後の未来に行く「ビヨンド・ザ・シー」。「かぐや姫」を現代の結婚しない女性(女優)のラブ・ストーリーに置き換えた「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」。

 この3作品の中では、自分では最も自信がなかった「ザ・ガール・ネクスト・ドア」のみが入選したのだから、自分の書いたものへの自己評価は禁物であると改めて思った次第。

 ショートショートに限らず、何かを創り出す過程では、今取り組んでいるものをベストにしようとするのは当然のことで、結果どれが他の人に選んでいただけるかはまた別物である。

 今月も2作品応募済み、来月書くものも決まっている。

 来年3月までは、毎月このペースでショートショートに取り組んで行く。

youtu.be