読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don Giovanni

 仏壇、位牌はいるのかいらないのか。

 これは、それぞれの家庭が判断することですが、私の考えを書きます。 

 昭和の中頃迄は、仏壇があり、先祖代々の位牌が祀られている家庭が多くありました。そもそも日本人は、横のつながり(地域、友人知人などの人脈)だけでなく、縦のつながり(両親、祖父母から遡るご先祖様)を大切にする民族であった筈なのです。自分が今あるのは父母がいるからで、その父母にもまた父母がいて、そういう大きな歴史の中の氷山の一角として今の自分が生きている。「ご先祖様に顔向けが出来ない」という言葉が昔はありましたが、今はほとんど死語の様になっています。

 これは、良くも悪くも資本主義社会のせいです。資本主義の最も大きな問題点は、今現在の進行形のみにこだわり、「生」と「死」という命あるものにとって最も大切なことを「病院」だけに押し付けてしまったことにあります。映画や小説で言えば、始まりと終わりを見ないで過程だけで全てが判っている様に錯覚している様なものです。出産や死をほとんどの人が家庭で体験しないまま、目先の利益、効率を優先して生きて行く中で、人として本当に大切な何かが著しく欠けてしまったことの弊害が、昨今の忌まわしい事件、犯罪を生んでいるのではないでしょうか。

 自分一人で生まれて来たのではない、誰かに助けられて生まれ、育ったことへの感謝、そして老いて自然に亡くなることへの悲しみ、受け容れ。今世の中に不足しているのは「感謝」「愛情」そして大自然の摂理への「尊敬」「畏怖」といった、古来から人間に当たり前に備わっている感情、感性だと思います。

 若さばかりを追い求め、ちょっとしたことで鬱になったり、寂しさからペットブームになり面倒を見切れないと物の様に捨てる、そういったことは、少なくとも各家庭に仏壇があり、ご先祖様の位牌に手を合わせて大きな流れの中で生きていた少し前の時代までは、なかったことです。

 自分が一人で生きている訳ではなく、その誕生や成長過程において、必ず親の世話になっている。しかも親は完璧ではなく、生きる上で様々な壁にぶつかりながら生き抜いた、そんな完璧ではない親が自分を産み育ててくれた、そこに感謝こそあれ不平不満を言っている場合ではないことは昔の人は腹の底から理解していた様に思います。

 全ての事象には光と影があり、始まりと終わりがある。資本主義のおかげで現代の物質的発展を遂げた社会ではありますが、ここに来て、時代は、今一度、目先のことだけで走り続けて来て、見失っていた大切な本質を取り戻さなければならない時期に来ていると思います。

 


ドン・ジョヴァンニ 序曲 ダニエル・ハーディング指揮 2006