Solace

「善人なおもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」とは「歎異鈔」の有名な一節、親鸞の言葉です。「善人ですら往生するのだから、悪人は間違いなく往生する」と訳すと悪人を肯定する意味になってしまいますが、ここで言う「善人」「悪人」とは今の感覚で言う意味ではありません。

 「善人」は「善い人」ではなく、「自分が正しいと思っている人」のことです。自己の能力で悟りを開こうとする人は、自分が神仏に近づこうとするので、神仏に頼ろうとするよりは自分自身が「わかった人」になってしまう、自分が正しいという思い込みは、他者を裁き、争いになることが多いのは、家庭内の諍いから世の紛争まで数え上げたらきりがありません。

 「悪人」とは「悪い人」ではなく、自らを、煩悩にとらわれた凡人と自覚している人です。どんなに正論を言ったところで、所詮自分の理解には限界がある、人間は大宇宙に比べて小さな存在、わかっていても失敗を繰り返す存在であることを承知している。当然、他者を裁いたり自己正当化したりする資格はないと思っているので、「善人」の様に他者に指を突きつけて批判したりすることはありません。

 私自身は、己を「善人」ではなく「悪人」の部類だと思っています。表現することは好きですが、人の好き嫌いは激しく、潔癖過ぎるところもあり、成功より失敗の多い人生を歩んで来ました。

 それでも私は、自分が正しいということに疑いすら持たず人を裁く人間より、あちらこちらに頭をぶつけながら、苦悩しながら、一所懸命に人生を生き抜く人間の方が好きです。悟ることなど出来ない、わからないということがわかった人こそ、真実に一歩でも近づくのではないでしょうか。


Scott Joplin - Solace