The World is Waiting for the Sunrise

 早いもので、先月、母の一周忌が終わりました。

 母を看取ったことを昨日のことの様の思い出すのですが、時間だけは確実に、正確に過ぎて行きます。

 今後三回忌、七回忌、十三回忌と続くのですが、十七回忌にもなると自分も71歳となり、いつまでこの法要を続けられるかどうか。それでも、節目節目を大切にしながら法要を続けて行くでしょう。

 自分は仏教徒でもキリスト教徒でもなくあらゆる宗教団体には属さないで人生を終えるつもりで、これは、宗教とは何か、神とは何か、考えに考え続け、いろいろな体験を経てたどり着いた結論でもあります。団体には属しませんが、先祖への感謝、亡き親への感謝は生涯表現し続け、法要はその具現化です。

 人生は長い様で短い。
 今でも30年40年前のことを昨日の様に思い出すことが出来ますが、30年40年後は自分はこの世にはいないでしょう。
 だからこそ、無駄なく、その日その日を大切に、平常心で生き抜くことが大切だと考えています。

 一般的に生きている間が光で死は闇の様に思われていますが、実際は逆で、この世という闇を生き抜いて、生き抜いた結果死してようやく日の出を迎えることが出来るのではないでしょうか。

 


The World is Waiting for the Sunrise - Paolo Alderighi and Stephanie Trick, piano duo, 2014